ハラハラドキドキ♪♪ノアの大行進
愛娘ノア(フレンチブルドック)の楽しくて退屈な日々と成長の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘病その2
6月に入ってからも週に1度の通院がつづく。
改善は見られない。
少しずつ悪化している

CIMG1703.jpg

CIMG1704.jpg

ステロイドを服用中のため狂犬病ワクチンは接種できない。
もう2ヶ月近くもステロイドが切れない。はやく止めたい。
この薬、1錠に2mgのステロイドと抗ヒスタミン剤が含有されている。

治療を初めてすぐに、体重が1kg程度減り8キロ台へ降下。
多飲多尿、食欲倍増(目がランラン)。
心配していたら、「ステロイドの副作用だから心配しなくて大丈夫」と教えてくれたのはモニ母さん。
ありがとう。
(先生、説明してよ。。。私の勉強不足)


一方ノアパパの身体のカユミも増すばかり。
ソファーに座ると、痒いとか刺されるとか言っている(私はなんともない)。
バルサンをしたらどうかっとの言葉に「No」222
ノアへの悪影響を考えて!!
間もなく、ベッドでも痒いと••••確かに刺されているようだ。ダニ?
梅雨に入っている為に、天日干しは不可能。
ダニ取りマット、掃除機、布団乾燥器とひたすら対策を講じるが変化なし。
車かもしれないと、車にダニアース(これは、、、後がきっついわぁ)まで。
ノアパパの症状も悪化の道を辿る。


2009年6月21日(日)
 通院
 この病院は院長を筆頭に獣医師が数人いる
 ノアは院長が怖いのか?顔見るとギャウギャウ言ってしまう為、なかなか診てはもらえない。
 この日は、いつも通り『M先生』を指名したのだが、何故か他の先生が診てくれた。
 (このとき私は、あれ?サジを投げられたの?とおもった。後々M先生はどうして自分ではな
  かったんだろうと言っていたそうだ。。。。)
 ノアパパのダニ疑惑があるために、早速先生に上申しダニ検査
 出ない


このままでいいんだろうか?
治療が間違っている意外考えられない。
これは実際に私達飼い主の声。
何度か、他の病院にいってみようか?とノアパパに相談していたが賛成は得られていない。


6月24日(水)
 というよりも25日(木)になっている真夜中。 
 痒くて痒くてどうしようもないノアの、ドンドン(掻いている足が床にあたる音)という音が。
 見に行くと、懸命に、懸命に掻いている。
 あ~~~~(涙)
 ノアが安心して落ち着くまで、暫くの間、抱っこしていた私は、「病院を変えよう!」と決断。


6月27日(土)
 初めての病院に行く日。
 遠いので道順をしっかりと把握する。Google Mapはこんなとき助かる。
 ノアの状態は更に悪化しており、おしりの毛がうっすらと抜け始め赤くなっている。膿皮症も。
 え?昨日と全く違う!と思いながらも、ノアを乗せて車を走らせる。
 掻きむしるので、車にいつものハウスを乗せ、その中にエリザベスカラーをつけたノア。
 初めての病院。犬も飼い主も緊張する。
 写真を何枚も取られ、顕微鏡での検査。
 「マラセチア
 原因はこれ!
 しかし、今までのステロイドが邪魔をして、マラセチアの特効薬を服用させられない。
 長期間のステロイド投与のために、急にやめられない。やめてはいけない。
 少しずつ1ヶ月弱をメドに切っていく予定。
 ついでに血液検査。問題なし。
 抗生物質、胃粘膜保護剤、ステロイド、漢方薬、エファベット1(サプリ)、シャンプーの処方
 ノアパパのカユミの件を訴えたが、ダニは顕微鏡で見たところいない


遠いので2週間後でいいですよ、と親切。
以前にも足の指の間にマラセチアが悪さをしたことがある。なるほど。


良くなっているのか?
カユミはとまらない。
激しく痒がって皮膚を傷つける。
エリザベスカラーをつけ始めた時は、付いているだけで行動がストップしていたが、今はもう慣れっこ。後ろ脚で上手に脇や腹部を果てしなく掻く。
仕方がない、暑いけど袖付き洋服を着せる事に(元来裸族のノアにはストレスのはずだが•••)

マラセチアに対する積極的な治療ができるまで、もうすこし我慢、我慢!と言い聞かす。自分に。

そういえば、私も痒いな。。。さされているみたい。

1週間を待たずに、お尻が真っ赤っかのお猿さんのように。
悪化しているようにしか思えない。


7月5日(日)
 2週間後の来院でいいですよ!と言われたが、心配だったので通院。
 先週よりも悪化している。
 しかし、マラセチアの菌は今回の検査では見受けられなかった。確実な物は。
 耳からは他の酵母菌が検出。
 酵母菌がカユミの悪さをするらしい。
 肛門腺もたっぷり溜まっていたので、1滴残らず絞ってくれた。
 お尻の周りの炎症は、肛門腺が影響していることもある!のだそうだ。知らなかった。
 耳あかは、鼓膜のギリギリ手前に溜まっていたので、きれいに掃除をしてくれた。
 掃除方法のレクチャーもあり、可能なら毎日して下さい!とのこと。
 抗生物質、胃粘膜保護剤、ステロイド、漢方薬2種類、耳洗浄水の処方。


ステロイドが切れたら、本格治療。
それまで我慢。





プロフィール

MS.OKAME

Author:MS.OKAME
ノア
2004年5月28日誕生のフレンチブルドック
ブリンドルの女の子
埼玉県に生息中
我が家にやって来た時、真っ黒だったので、
ノアパパがNOIR(フランス語の黒)の「ノア」と命名。
普段はおとなしいけど、外に出た途端にギャングに変身してしまう。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



日本語→英語 自動翻訳

English
♥. ♠. ♣Alice



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。